2012年05月04日

スイートエリアが拡大 その2

(2)新フェース肉厚分布
フェース部分には
高強度化した軽比重チタン「SUPER-TIXレジスタードマークPLUS for XXIO」を
採用しました。

新フェース肉厚設計
カップフェースの巻き込み部分まで薄肉化することにより、
ゴルファーの打点に合わせ、
従来モデルよりスイートエリアを7%拡大しました。



ゼクシオ クラブをもっと見る
http://www.tokuu.info/event_html/dunlop.html


posted by 超得 at 14:51| Comment(0) | ゴルフクラブ ゼクシオ | 更新情報をチェックする

スイートエリアが拡大 その1

(1)ヘッドの慣性モーメントアップ
ボディ素材には
従来モデルよりも比重の軽い”T9S”チタンを採用し、
より慣性モーメントアップのための
重量配分設計が可能となりました。



ゼクシオ クラブをもっと見る
http://www.tokuu.info/event_html/dunlop.html
ラベル:特徴
posted by 超得 at 14:50| Comment(0) | ゴルフクラブ ゼクシオ | 更新情報をチェックする

「高く強く突き進む」性能が進化

スピン量の増加を抑え
アッパーブローで打ったように
打ち出し角を高くして大きく飛ばす「オート パワー インパクト」は、
「ゼクシオ セブン」でさらに進化しています。


新剛性設計の「MP700カーボンシャフト」は
先端が軟らかく大きくしなることで打ち出しがより高くなりました。


また、フェース面上の重心距離を従来モデルよりも
短くしたことで、インパクトに向けてヘッドが返りやすくなりました

これらの相乗効果でボールのつかまりが良くなっています。


ゼクシオ クラブをもっと見る
http://www.tokuu.info/event_html/dunlop.html

ラベル:特徴
posted by 超得 at 14:48| Comment(0) | ゴルフクラブ ゼクシオ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。